1人で挑戦しない

1人でダイエットに取り組んでいると、とにかく不安やフラストレーションが溜まりがちです。食事の誘惑や体型についての悩みなど、思い出したらキリがないくらいです。そんなときに有効なのは、スポーツジムに入会してダイエットに励むことです。

仲間当然の話ですが、スポーツジムに来ている人は皆何かしらの理由で体を鍛えています。その中にはダイエットに取り組んでいる同士がきっといるはずです。「人に話しかけるのはちょっとはずかしい」という人でもトレーナーの方に相談に乗ってもらうのもストレス軽減に繋がりますし、何より、的確なアドバイスをもらえることが最大のメリットです。

ネットを使って仲間を集うのも有効な手だと言えます。深夜の食事の誘惑などを呟くことで、励ましの言葉をもらえたり、自分の言葉を反芻するだけでも戒める効果に繋がります。生活の中にダイエットを志す仲間とコミュニケーションが取れる場所があるということは、目標達成のための大きな武器であると言えるでしょう。

スポーツジムでもネット上のコミュニティでも、重要なのは「1人で悩まない」ということです。辛くて苦しいダイエット生活を、より明るく楽しいものに変えるための仲間を増やすような行動を心がけることがダイエット成功の近道です。

再チャレンジを恐れない

いくらやる気に満ちた状態で始めたダイエットでも、日々の疲れや食事の誘惑などに負けて途中で挫折してしまう方は多いと思います。毎日継続して節制をしていても思ったように体重が落ちなければモチベーションが下がりダイエットを辞めてしまうケースも多々あるようです。

モチベーション失敗した経験は後のやる気を失わせる大きな敵になってしまいます。その敵をいかにして攻略するか。それは、とにかく無視を決め込むことです。つまり、失敗をしても気にせずダイエットを始めることで、また努力を更新することが出来ます。たとえ一週間しか続かなかったダイエットも4回繰り返せば一ヶ月続けたことと同じ効果があります。

また、その日に食べ過ぎてしまったり運動をサボってしまったときには、明日の自分へのご褒美の前借りだと思ってください。「休んだ分、食べた分、明日は沢山頑張ろう!」というポジティブな気持ちで、むしろサボる行動を楽しんでみると良いかもしれません。

ダイエットにとって、とにかくネガティブな感情は大きな障害になります。決めた目標をクリア出来ずに落ち込みそうになったときは明日へのモチベーションを生み出す努力を忘れないでください。サボることも息抜きだと言い張る大きな心を持ちましょう。